自転車保険って必要?

自転車乗りのマナー、保険加入

自転車乗りのマナーと自転車保険

友達の影響で自転車に興味をもち、とうとう念願のロードバイクを購入。サイクリングにも一人で繰り出すようになりました。いまではすっかり趣味はサイクリングとなり、毎週のようにロングライドに出かけています。

そんな時に、自転車保険加入のニュースが飛び込んできました兵庫県で自転車の保険加入を義務付ける条例が制定されたというニュースです。
報道では、いろいろな事故の例が取り上げられており、過失具合や責任具合についても議論されていました。

この時、はじめて自転車事故の賠償というものを知ったのですがが、あまりにも高額な賠償に驚いてしまいました。
例えば、次のような内容です。

・小学生が、時速20km超えの自転車で60代の女性に衝突し後遺症を残すという事故を起こした9521万円
・高校生と会社員の自転車同士の事故9266万円
・片手運転で下り坂を走行中に、歩行中の女性と衝突。女性が死亡6779万円
・信号無視をして交差点に進入し、歩行中の女性と衝突。女性が死亡5438万円
・高校生が信号無視で横断中にオートバイと衝突し、オートバイの運転手が死亡4043万円

自転車だからと思って事故責任を甘く考えていました。自転車はいつも保護される側だと思っていたので、たとえ相手がオートバイや自動車であっても、こちら側に過失があればこちらの責任が重いという判決がでていたことにも驚きました。

また、自転車事故当事者の年齢も若年層が多く、中には小学生も含まれていることから、自転車に乗る責任の重さを感じました。

万が一事故を起こし、こんなに高額賠償請求されてしまっては、とても個人では払いきれません。何よりも不安で自転車を楽しむどころではなくなってしまいます。

そういった経緯もあり自転車保険の加入を検討することにしました。

© Copyright 自転車乗りのマナー、保険加入. All rights reserved.